入口

emmdoga

エロ動画マスター

無修正WL

独言ブR13

カモフラ

emmdoga公式Twitter

龍水のTwitter

検索

更新&障害情報  | ヘルプ
emm group[入口]:至高のエロサイトemmグループ
  1. ホーム
  2. ヘルプ
  3. 運営者

emmグループの管理人は誰なん?

emm group ブランドロゴ U.S.イメージ2 龍水と紋チの写真 U.S.イメージ1
人物写真は、管理人の 龍水 (右)と助手の 紋チ (左) ※2004年頃撮影

emmグループについて

emmグループは2004年8月よりアダルトサイト探検家「龍水(りゅうすい)」によって世界一安全なアダルトサイトを目指して開設されたアダルトサイトです。「emmグループ」とは運営全体の名称です。基本的には龍水の個人運営サイトです。

コンセプト

世界一安全なアダルトサイト、絶対美少女サイト、一切妥協せず極限まで追求した究極の龍水セレクト動画、数より質を重視

スタンス

リンク先及び広告スポンサーの安全性はすべて管理人が安全確認してから設置。また、安全が確実に確認出来ない為、出会い系サイトの広告は基本的に設置しない。

倫理基準

日本の法律及び各国内AVメーカーの倫理基準に準ずる。掲載ポルノ作品のキャプチャー画像、動画で、18才未満等に見える女子の出演、強姦、強制猥褻、盗撮等の行為はすべてフィクションです。本物の子供を使ったポルノ画像・動画の掲載は一切ありません。もし、そのような内容があったとしたら、それはフィクションです。

法律の適用

当サイトの運営本部及びサバー所在地は主にUS.アメリカと日本ですので、法律の適用はアメリカ及び日本に準じます。

運営者情報

名称: emmグループ(emm group)
読み方: イーエムエムグループ
設立: 2004.8.29
沿革: 沿革はこちら
資本金: 100DOL
代表者: K.N.(Ryuusui)
所在地: Los Angeles,CA U.S.
事業内容: Administration of the ero site
主要取引先: Amazon.com、DMM.com、DTI Service、PRESTIGE
加盟団体: Japan Ero Movie Association(仮)
連絡先: 管理人への連絡はこちら

管理人プロフィール

龍水

龍水(りゅうすい)

役職:エグゼクティブプロデューサー兼トータルディレクター
経歴:アダルトサイト探検家、“エロ動画マスター”の称号を持つ、似非芸能ジャーナリスト、自称リアル・ジャーナリスト
本業:自由業
夢:エロ世界を征服する

2002年頃エロサイト見たさにパソコンを衝動買いし、アダルトサイト探検活動に入る。 何度かハードディスクを破壊されながらも、探検実績を積み上げ“エロ動画マスター”の称号が与えられる。 そして2004年8月29日、アダルトサイトで痛い目にあった教訓を世に伝えるため安全なエロサイト「完全無料エロ動画マスターへの道」を開設、エロサイト管理人になる。 後に、助手の紋チと合流し、エログをはじめ色々なアダルト系サイトを量産し続け現在に至る。

龍水のテーマ曲

俺たちはいつも二人で一つだった・・・
地元じゃ負けしらず!そうだろ?
俺たちは昔からこの街に憧れて信じて生きてきた

俺たちはあの頃、辿り着いたこのネットの世界も
すべてが手に入る気がした・・・

リアルを捨て去り
でかい夢を追いかけ笑って生きてきた

なぜだろう?
思い出した景色は・・・旅立つ日の綺麗な空だった

助手のプロフィール

紋チ

紋チ(もんち)

役職:アシスタントディレクター兼ムービーエディター
経歴:ネットの事はど素人、オナニーへの情熱は誰にも負けない!と自負するサルモンキー、オナニーやりだしたら止まらない
本業:家事手伝い
夢:公務員になる

紋チのテーマ曲

この巨大なネットの世界で
一国一城築いているヤツらと
肩を並べなきゃ意味ないんです

そしてこの日本国を
表と裏を背負っているヤツらを
手の中で転がして日本を支配しなけりゃ意味ないんです

内に秘めた大いなる野望・・・
黒いモンキーの心臓音は爆弾の音・・・

どっかーん、どっかーん、どっかーん、どっかーん・・・

スペシャルサンクス

・モロ次郎 (ビッグモロー管理人)
・電動コケシズム出版 (革命的オナニスト管理人)
・蒼空ニート (清楚系ブログ管理人)
・ローリー隊長 (ダークチェリー管理人)

▲ページの先頭へ

emm group by Ryuusui
© 2004-2017 emm group Inc. 3T3-2820 All Rights Reserved.
WEB SERVICE BY DMM.R18
利用規約プライバシー知的財産の侵害について